無料カウンセリング実施中

Uデンタルオフィス 院長コラム

2015年3月20日 金曜日

顎の骨の壊死について

昨日は他の医院の先生がたと、診療終わって勉強会




骨粗鬆症の治療薬として

ビスフォスフォネート製剤が使われています。


当院にお見えになる患者さんも多く服用されているのですが、


歯科治療では大きな問題になることがあります。


歯を抜いたり、外科的な処置をする際、

骨の壊死を招く危険性があるため、とても注意が必要です。

場合によっては、内科や整形外科で出されたお薬を

変えてもらったり、休薬する必要が出てきます。

必ず、歯科医師にお伝えくださいね hospital






投稿者 熊本市の歯医者 U Dental Office