Uデンタルオフィス スタッフブログ

2015年9月14日 月曜日

口呼吸について


こんにちは 歯科衛生士の武田ですnote


今回は 口呼吸が及ぼす影響 について
お話させていただきます!!


口呼吸をしていると口の中が乾き
唾液による殺菌作用が発揮されなくなります。。


そうすることでむし歯や歯周病、
口内炎といった問題が起こりやすくなりますcrying
また、歯列・咬合の不正も起こりますsad

冷たく乾燥した空気を直接
吸い込んでしまうために喉の炎症や
風邪をひきやすくなるなど
体にも影響を与えてしまいます。

睡眠時無呼吸症候群へも影響があり
ノンレム睡眠の時間が長くなります
子どもだと成長ホルモン分泌も
抑制されてしまいますwobbly

このように口呼吸をしていると
さまざまな影響を与えてしまいます

鼻呼吸を促進させるために!!

あいうべ体操 をしてみてくださいbleahgood


①あー、と口を大きく開けます
②いー、と口を横に大きく開けます
③うー、と口を前に突き出します
④べー、と舌突き出して下にだします



とても簡単にできる訓練です!
1日30セットすることをお勧めしますup

きらきら星のうたにのりながら
やると行いやすいらしいです♪♪

テレビを見ながら...
お風呂に入りながら...

ちょっとした時間にできるので
気になる方は実践してみてくださいね






投稿者 熊本市の歯科医院 U Dental Office