Uデンタルオフィス スタッフブログ

2017年6月12日 月曜日

フッ化物入り歯磨き粉


こんにちはsign03heart01 歯科衛生士の武田ですscissors


新学期が始まり2カ月が経ちましたねhappy01
新1年生はやっと学校にも慣れてきた頃ですかねsign02


さてさて小・中学生のお子様がいらっしゃるご家庭は

むし歯がありますよ!治療に行きましょう!

という、お手紙をもらって帰ってきたお子様
多いのではないでしょうか??



小さい子はなかなか上手に歯磨きができないので
保護者の仕上げ磨きが必要です。


部活をしているお子様は忙しくて、簡単な歯磨きになりがちですbearing

歯の表面は磨けているように見えても
実は歯と歯の間にはプラークがたくさんついていることが多いものですsweat01

大人だけでなく、子供でも デンタルフロスを使うことが
必要になってきます!!!


そしてさらに定期的にフッ化物を塗ることも大切lovelygood


フッ化物とは...??
歯に対して耐酸性向上させ、再石灰化を促進する効果があり、
また、むし歯原因菌の酸産生能を抑制する働きがあります。

むし歯から歯を守るためのものですhappy01flair


今まで、日本では歯磨き粉に配合していい
フッ素濃度は1000ppm以下と言われていました


しかしsign03sign03


フッ素濃度の上限を1500ppmまで と
厚生労働省が承認しました(o^^o)

(6歳未満のお子様には使用は認められてません)


欧米ではすでに1500ppmの歯磨き粉が一般的に販売されていますsign05


高濃度のフッ素配合の歯磨き粉で磨けば
むし歯にならない!というわけではないので

歯ブラシ、歯間ブラシ、デンタルフロスなどでの
清掃はしっかり行いましょう(^^)



投稿者 熊本市の歯科医院 U Dental Office