Uデンタルオフィス スタッフブログ

2019年6月30日 日曜日

TCHとは?!

こんにちは♪
歯科衛生士の高浜ですvirgo

みなさん、TCHという言葉を
聞いたことがありますか?
TCHとは、Tooth Contacting Habit の略で、
日本語で言えば、上下の歯を接触させる癖のことです。
リラックスした時の上下の歯は、
当たることなく少しすいています。
この1~3ミリの隙間を「安静空隙」と呼びます。


TCHの何が危険かというと、、
軽く上下の歯を接触させることで、
その歯の根表面にある歯根膜という神経の圧迫、
血流障害が起こっています。
それによる歯の知覚過敏症状、
歯周組織の変化、
ダメージによる歯のかみ合わせ痛や動揺、
浮き症状、やがては歯周病の進行を促します。
また、かみ合わせた状態の持続は、
耳の前にある顎関節の圧迫を引き起こし、
血流障害・関節痛の原因となり、
顎関節症発症の一つの要因です。



軽くかみ合わせた状態でも、
収縮した顎の閉口筋(口を閉じる働きの筋肉)は
緊張状態にあります。
その状態の持続は、
首や肩の筋肉の緊張へ波及します。
そして疲労、血流障害が、
筋肉のコリとなって出現するのです。


日中おこるTCHに対しては、
まず自身にその癖があることを自覚すること。
そして気づいた時にはやめるようにすることが
第一の対処法です。
この方法は、そんなに難しい事ではありません。
ある程度なら、自己改革可能です。
東京医科歯科大学のグループでは、
リマインダーという方法を推奨しています。
これは、「TCHストップ」の付箋などを
見えるところに貼っておき、
自己認識を習慣化する方法です。

無理ない範囲でやってみてくださいheart

投稿者 熊本市の歯科医院 U Dental Office

カレンダー

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31