/*StyleDefinitions*/table.MsoNormalTable{mso-style-name:標準の表;mso-tstyle-rowband-size:0;mso-tstyle-colband-size:0;mso-style-noshow:yes;mso-style-priority:99;mso-style-parent:"";mso-padding-alt:0mm5.4pt0mm5.4pt;mso-para-margin:0mm;mso-para-margin-bottom:.0001pt;mso-pagination:widow-orphan;font-size:10.5pt;mso-bidi-font-size:11.0pt;font-family:"游明朝",serif;mso-ascii-font-family:游明朝;mso-ascii-theme-font:minor-latin;mso-fareast-font-family:游明朝;mso-fareast-theme-font:minor-fareast;mso-hansi-font-family:游明朝;mso-hansi-theme-font:minor-latin;mso-font-kerning:1.0pt;}" />

Uデンタルオフィス スタッフブログ

2020年5月11日 月曜日

Let's 禁煙!!

こんにちはsun
歯科衛生士の高浜ですhappy02

みなさんはおうち時間を
どう過ごされていますか?flair
私はヨガや家の片付けをしていますheart04
みなさんにとって有意義な時間になればと思います!

ところで!
新型コロナウイルスによる感染症(COVID-19
発症後の重症化リスクは
「糖尿病」「高血圧」「慢性腎臓病」などの
基礎疾患がある方ですが、それに加え、
「喫煙」も重症化リスクになることがわかってきましたcrying

喫煙は喉や肺の炎症を誘発し、
免疫細胞のバランスを崩し活動性を低下させることで、
免疫機能を障害します。

喫煙者が病原体に感染、
重症化しやすいのはこれが原因といわれています。

また、喫煙習慣のある人の多くは、
タバコを吸っていない人よりも、
数倍も歯周病にかかる確率が高くなります。
 

歯周病にかかった際も、喫煙者は進行が早く、
重症化しやすいのです。

3月のブログでも書きましたが、
最近、従来の紙巻きタバコに加えて、
電子タバコ、加熱式タバコなどが相次いで
売り出されていますよね。

気になって調べたところ、、、
昨年、アメリカの権威ある医学誌JAMAに発表された、
スイスの大学の研究者らによると、
電子タバコは一酸化炭素、クロトンアルデヒドなどの
有害物質は確かに90%近く削減されていたが、
ホルムアルデヒド、アクロレインは20%ほどしか
削減されていないことがわかったそうです。

「今さら禁煙してもなあ」
諦めている方もいらっしゃると思いますが、
免疫機能は禁煙後の数週間~数カ月で回復するみたいですshine
今からでも遅くありません♪

禁煙して、皆さんが健康になっていく姿は
私たち歯科衛生士にとっても励みになりますし、嬉しいです。
歯周病やコロナウイルスが
重症化しにくい環境を整えていきましょう!lovelygood



投稿者 熊本市の歯科医院 U Dental Office

カレンダー

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30