無料カウンセリング実施中

TOP > 一般歯科(おとな歯科)

むし歯

虫歯・根管治療

歯に違和感や痛みを少しでも感じたら、早い段階で病院へ行きましょう。
治療方法には、むし歯になってしまった部分を削って埋める、被せものをはめるなどの方法があります。

基本的には、むし歯菌に冒されてしまった歯質はすべて取り除かなければなりません
残っている部分があると、そこからむし歯は再発します。
ただし、一度削った歯は二度と元には戻せません。
当院では極力、健康な歯を削らずに修復するダイレクトボンディング治療を積極的にとり入れております。

根管治療

虫歯・根管治療

「治療したのにまた痛くなった」という場合には、歯の根っこの部分に問題が起きている可能性もあります。
根管治療は、歯の土台づくりともいえます。
歯科治療の基礎となり、歯の寿命に直結する重要な治療だと、当院では考えています。
「歯を抜かない」という選択ができ、できるだけ長く入れ歯にならずによい噛み合わせを保つためにも、歯を支えている根管の処置や治療はとても大切なのです。

歯周病予防

歯周病予防

歯周病は、人類史上最も感染者の多い感染症として、ギネス・ワールド・レコーズに記録されているほど身近な感染症です。
歯垢(プラーク)を主要な原因となる炎症疾患が多いですが、複合的要因によって発生する場合もあります。

調査によれば、日本では歯周病菌の温床となる歯周ポケットの深さが4mm以上になっている人の割合が、50代で約半数に達し、高齢者においては歯周病患者が増加しているといいます。

「朝起きたときに口の周りがネバネバする」「歯ぐきが腫れる」「歯ぐきから出血がある」「歯がぐらぐらする」「口臭が気になる」といった症状がある場合は、早目の受診をおすすめします。
そして、定期的なメンテナンスを行うことが非常に大切です。

予防(フッ素塗布)

予防(フッ素塗布)

国内では最も高い虫歯予防効果を期待されるのが、フッ素塗布です。
フッ素は、歯の再石灰化を強力に促します。
そのため、初期の虫歯には進行抑制に有効とされています。

WHO(世界保健機構)の調査によると、フッ素歯磨きの効果は500ppm以下の濃度では効果が得られず、100ppmと1,500ppmは予防効果が高いとされています。
しかし日本では薬事法の関係でフッ素歯磨きは1,000ppm以下とされています。

3カ月に一度は来院して高濃度フッ素を塗布し、それ以外の日は自宅で行える「フッ素洗口」を行うことで、ダブルの虫歯予防をすることをおすすめします

ブラッシング指導

ブラッシング指導

普段使っている歯ブラシを持参していただくようにお願いしています。
毎日使っている歯ブラシが、お子さまの口(歯並び)に合っているかを確認し、アドバイスします。

また、意外と知られていない正しい歯磨きの方法の指導も行っています。
このほか、保育園や幼稚園などに出向いて、紙芝居による歯磨き指導などのイベントも開催しています。