無料カウンセリング実施中

TOP > 一般歯科(こども歯科)

一般歯科(こども歯科)

虫歯

虫歯

子どもの歯や顎の骨は、成人に比べて柔らかく、虫歯になるととても早く進行していきます
そのため、子どもの成長や将来のためにも、早い段階でのしっかりとしたデンタルケアが大切です。

年に何度かは定期検診をして、お子さんの口腔内チェックをすることをおすすめします。

予防(フッ素塗布)

予防(フッ素塗布)

国内では最も高い虫歯予防効果を期待されるのが、フッ素塗布です。
フッ素は、歯の再石灰化を強力に促します。
そのため、初期の虫歯には進行抑制に有効とされています。

世界保健機構(WHO)によると、フッ素の磨きの効果は500ppm以下の濃度では効果が得られず、100ppmと1,500ppmは予防効果が高いとされていますが、日本では薬事法の関係でフッ素歯磨きは1,000ppm以下とされています。

3カ月に一度は来院して高濃度フッ素を塗布し、それ以外の日は自宅で行える「フッ素洗口」を行うことで、ダブルの虫歯予防をすることをおすすめします

ブラッシング指導

ブラッシング指導

普段使っている歯ブラシを持参していただくようにお願いしています。
毎日使っている歯ブラシが、お子さまの口(歯並び)に合っているかを確認し、アドバイスします。

また、意外と知られていない正しい歯磨きの方法の指導も行っています。
このほか、保育園や幼稚園などに出向いて、紙芝居による歯磨き指導などのイベントも開催しています。